滝野川会館5階には

会員さんはご存じの方も多いと思いますが、8月例会の会場・滝野川会館の5階エレベーターホールにはこんな「多肉庭園」があり、会館を利用する区民の憩いの場になっています。

館の方々の管理のおかげで、屋外の植物はどれも活き活きと育っています。屋内に展示の刺物は危なくないようにガードされています。

昨年暮れにはアエオニウム・カシミアバイオレット(Aeonium ‘Cashmere Violet’)が満開になりとても見事でした。

回廊には大きなカランコエ・仙女の舞Kalanchoe behalensis。根元にはその交配種ファング(cv. Fang)もあります。

昨今人気のアガベもこんな地植えの大株が。アガベ・ベネズエラ(Agave desmettiana)6月に打合せついでに見に行ったところ、中心の新葉が太くなってきていて「もしや花芽では…?」と話題になりましたので、8月の例会が開催されたらまた確認したいと思います。

この記事を書いた人

早川@JSS事務局
JSS事務局担当です。
東京都北区の屋上でいろいろつくってます。
実生のおもしろさに目覚めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。